2018年6月 4日 (月)

地域猫の目印:耳カット

 福岡県獣医師会の実施しているあすなろ猫の避妊去勢ですが、今年も徐々にスタートしております。

 今まで書き忘れていたので、追加で書いておきますが

あすなろ猫は、不妊手術後「耳を一部カット」をさせていただきます。

大きくはカットしません!片耳の先だけ「不妊手術が終わってますよ」と

いう目印の意味で1センチ弱くらい先をカットします。

 地域猫の不妊手術が済みました、という目印の意味です。

メスは左耳

オスは右耳

をカットします。全国の地域猫でも同様の目印を用いているそうです。

 特にメス猫は外見からでは避妊しているかよくわからないので、間違って2回捕まって、2回もお腹をあけられてはかわいそうだからです。

(オスは外見上去勢をしたかどうかは判別が容易です。しかし地域猫の目印として実施します)

 「家に猫が来てなついてしまった。あすなろ猫で不妊手術できないかしら?」と悩んでいる方は、今一度その猫の耳をよく見てください。

 もしもカットしてあったら、不妊手術済ですのでノミやおなかの虫を駆虫してあげて、お家で飼ってあげるか、里親さんを探してあげましょう。

 

2018年5月31日 (木)

今年も「あすなろ猫」の避妊去勢を実施します。

 今年も「あすなろ猫」の避妊去勢を実施します。

あすなろ猫・・・家で飼うことはできないけれども、終生餌や糞尿の管理をするとお約束してくれる外猫に対して、福岡県獣医師会と協力獣医師が避妊去勢を実施する制度。実施頭数には限りがあります。

 http://fukuoka-neko.com/

 すべての福岡県下の動物病院で実施しているわけではないので、関心がある方はお問い合わせください。

 これは強くお願いしたいのですが、避妊去勢を実施した後もきちんと飼養はつづけてください。実施後、他の場所に捨てるというのは動物の遺棄になりますので、法に触れます。

 また、あすなろ猫は他の地域猫と違い、「いつか家猫になろう」という意味で「あすなろ猫」と名付けられています。避妊去勢実施後、家の中で飼ってあげる、里親さんをさがして家猫にしてあげても全く問題ございませんので、できればぜひそうしてください。

2018年5月24日 (木)

他人の動物に勝手にえさを与えないでください。

 他人が飼っている犬などに、安易にえさなど与えないでください。

 与える側は良かれと思って与えているのかもしれませんが、犬のおやつ的なものを与えた場合健康被害が出る場合もあります。またカロリーオーバーも起こります。

 「自分が飼えないから」といって近隣の犬などに餌を与えるのは極めて無責任な行為です。動物を飼うというのは究極には糞尿の世話をするということです。面倒なことはしないのに、餌やりという楽な部分だけ楽しむというのは身勝手です。

 ご近所同士ということで、餌を与えられた側は注意しにくかったりします。

「良かれと思ってやってるんだ」という人は、例えば

自分の車を、第三者が「自分は車もてないから、あんたの車いじらせてくれ」と勝手にボンネット開けようとしたら怒りますよね。というか警察呼ぶと思います。なぜか犬や猫への無責任な餌やりは「良かれと思って」になるのか不思議です。

 犬も基本は家の中で飼えば、そういった無責任な行為から犬を守れます。

 同様に「野良猫がかわいそうだから」という理由で餌をやる行為も極めて無責任なのでやめましょう。

 

2018年5月22日 (火)

行方不明猫です。

 苅田町幸町付近で猫が行方不明になっています。飼い主さんが探しています。

 去勢済み雄。約3歳。

Reon

 心当たりのある方、保護された方は当院までご連絡ください。

動物愛護センターでは犬猫の譲渡をしています。

 5月20日(日)は古賀市にある福岡県動物愛護センターに犬猫の健康相談に、県獣医師会からの派遣という形で行ってまいりました。

 http://www.zaidan-fukuoka-douai.or.jp/

 こちらのセンターでは犬や猫の譲渡も定期的に行っています。

 犬や猫を飼おうかなと思っている方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 何回か講習を受ける必要がありますが、動物を飼うということをじっくり考えてから譲渡を受けることができるので、かえって良いと思います。

 ご検討してみてください。

2018年5月20日 (日)

本日は苅田港花火大会です。犬の脱走に注意しましょう。

 本日12:00~14:30くらいまで古賀市の動物愛護センターで動物の健康相談に参加してまいりました。午前休診でご迷惑をおかけしました。

 さて、本日は久しぶりに苅田港花火大会です。音に敏感な犬や猫はびっくりして脱走したりするので、戸締りなどをきちんとしましょう。

2018年5月19日 (土)

5月20日(日)は午前中休診です。

 5月20日()は古賀市の県動物愛護センターに出張で行ってくるので

午前休診です。

 午後は開院します。ご迷惑をおかけしますがご了解願います。

5月の出事はこれでおしまい、ですので休診はこれで終わりなはずです。

2018年5月18日 (金)

犬の持ち方(保定の仕方)

 4月中、狂犬病の集合注射に2日間参加してまいりました。苅田町内なので何となく土地勘があり、仕事がしやすかったです。苅田町役場の方々、環境保健事務所の方々にはお世話になりました。

 苅田町内のワンちゃんたちは比較的おとなしく、注射はしやすかったのですが、やはり毎年嫌がって暴れるワンちゃんはいます。その時にリードを引っ張り上げて犬をおとなしくさせようとする方がいるのですが、いわゆる「首吊り」の状態なので、やめてください。死にます。ご自分で試さないでください。確実に死にますので。

 おかげで犬がますます暴れて、アクロバティックな注射になってしまい(筋注にならざるを得ない)、痛い注射になるので犬は余計暴れるという悪循環が発生します。

 そこで、犬をおとなしくさせる保定の仕方を紹介します。

Inunomotikata_000016 左はやったらダメな方です。要は右の絵のように、首輪を4時と8時の方向をもってやや下に力をかけると、首が上から固定されます。気道や頚静脈を圧迫しないので苦しくありません。あご下の首輪に手をかけるので保定している飼い主さんも実は噛まれないのです。

 ウェイト・トレーニングをする際も、視線がぶれると体もぶれてフォームが崩れるので、あるトレーナーさんから「どこか一点視線を固定しましょう。そうすると体がぶれませんよ」と教えていただいたことがあります。犬の首を上記の要領で保定すると犬があまり動きません。

 このことからも首輪を犬に装着する重要性がわかると思います。首輪のついてない犬は、胴輪があっても保定できません。

 柔道とか合気道は逆に相手の重心を崩して相手を投げるのです。

 どうしても「怖くて首輪触れない」という方は、ぜひ動物病院に来てください。丁寧に保定の仕方などをアドバイスします。

 大体、狂犬病の集合注射の現場で気の荒い犬も、当院に来るといい子な場合が多いです。当院は私たちのテリトリーなので、犬も比較的「空気を読んで」おとなしくしてくれますし、強引なことはしませんので。

 

2018年5月17日 (木)

5月18日(金)は午後休診です。

 5月18日(金)は獣医師会の会合に出席のため、午後休診となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご了解願います。

2018年5月12日 (土)

5月13日(日)は終日休診です。

5月13日()は獣医師会会合のため、博多に行くので

終日休診となります。ご迷惑をおかけしますがご了解願います。