« インスリン「チョイ足し」は絶対アウトです。その他の注意点。 | メイン | 手術前は絶食でお願いします。 »

2019年1月24日 (木)

猫の便は水洗トイレに流さないようにしましょう。

 最近、「トイレに流せる」固まるタイプの猫砂が増えていますが、

水洗トイレのメーカーは原則、人の使用のみを想定して設計していますので猫砂は「トイレに流せる」と書いてあっても流さないほうが良いでしょう。

 流すとしても少量ずつ流さないと配管が詰まる可能性があります。

特に最近のトイレは節水型が多いので水流の力があまりないようです。

 さらに絶対に流してはいけないのは肝心の「猫の便」です。

 猫の便は、極端な話素手で触ってもそう簡単に崩れないくらい固いのです。

 原則水に溶けるということがないので、水洗トイレの配管内で詰まる可能性が高いです。

 過去に猫の便を洗濯機でうっかり洗ってしまったことがあったのですが、全く形が崩れていませんでした。洗濯機の激しい水流でも砕けたり溶けたりしないのですから、水洗トイレには流さないほうがいいです。

 余談ながら、猫はたまにひどい便秘、巨大結腸症ともいえる病気になります。2日便が出てなくて食欲が減退している場合は早急に対応する必要があります。

 骨盤腔よりも大きくなった便秘便は前述のとおり、水に溶けない便なので下剤等で出てくれません。下手に刺激性下剤を用いると腸の蠕動だけを誘発し猫の体力だけを消耗させる事態になります。

 普通の猫の便の固さは、あえて言うならクランキータイプのチョコ菓子位の固さです。これはぎりぎり人差し指と親指で砕ける人は多いでしょう。

 しかし猫の便秘便の固さは「料理用のチョコレートの分厚い塊」位の固さです。お店で購入して試していただきたいのですが、これを人差し指と親指だけで砕ける人はなかなかいないのではないでしょうか。

 そんな便ですのでトイレに詰まるし、便秘になると下剤ごときでは絶対に出ません。人の便とは性質が違うとお考え下さい。

 初期の便秘ですと特殊な粘滑剤入りの浣腸でつるんと出てくれたりしますので2日便が出なかったら早急に動物病院にお連れしてください。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34167228

猫の便は水洗トイレに流さないようにしましょう。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。