« 観葉植物は動物から遠ざけましょう。 | メイン | インスリン「チョイ足し」は絶対アウトです。その他の注意点。 »

2019年1月18日 (金)

個人輸入等で購入したお薬は自己責任で用いてください。

 自分で飼っている動物に「自己責任で」個人輸入等で購入した薬を使用することは法律違反ではありません。

 しかし、その薬について「投与しても大丈夫か」「薬用量、投薬回数」等を処方してない獣医師にお尋ねするのはお控えください。

 獣医師は無診察による診察治療が禁じられているためと、自身で処方してない薬については詳細が不明なため投与による副作用等に責任が持てないためです。

 「ちょっとくらい教えてくれてもいいだろう」と思われるかもしれませんが、多くの場合、病院で使用してない薬であることが多く、詳細は調べないとわかりません。

 電話する方は電話一本で済みますが、調べる側は薬学の本やネットを駆使して調べないといけないわけです。その労力を考えていただきたいのと、自身で処方してない薬については軽々しく用法、用量について語れないということもあります。

 そのあたり、ご理解いただけたらと思います。

 また安易に「人の薬」(痛み止めや下剤、下痢止めなど)を動物に使おうとする方がいますが、人で大丈夫でも動物には重篤な副作用を起こす薬は多々あります。安易に人用の薬を用いようとする問い合わせには全力で「使用しないでください」とお願いします。

 どうしても使用したい場合は自己責任でお願いします。

「人用の薬を飲ませたいけど、動物が暴れて飲ませられないから病院で飲ませてください」という場合もお断りします。あくまで投薬したいときはご自分の力でやってください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34166534

個人輸入等で購入したお薬は自己責任で用いてください。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。