« 飲水量、排尿量の増加は糖尿病のサインかもしれません。 | メイン | 観葉植物は動物から遠ざけましょう。 »

2019年1月10日 (木)

犬や猫は生後3か月以上は親と一緒にいたほうがよいです。

 一般家庭で生まれた犬や猫を見ていると生後3カ月以上、親とともに過ごした動物の方が性格が落ち着いている印象があります。

 特に犬は生後2カ月未満で親犬から引き離された場合、犬社会のルールを学んでないためと分離不安なのか、非常に落ち着きのない子犬になっていることが多いです。

 また生後3か月以上育てていると、その間に伝染病、寄生虫疾患、先天的疾患が顕在化するので、そういう動物が市場に出回ることを防ぐことができます。

 そういう動物がどこで手に入るかといえば、動物愛護センターなどの保護施設です。

 多くが郊外にあることが多いので少し足を延ばさなければいけませんが、動物を飼ってみようかと思う場合は一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

 実際、飼うのも楽だと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34165573

犬や猫は生後3か月以上は親と一緒にいたほうがよいです。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。