« 年末年始の予定 | メイン | 多飲多尿は糖尿病のヒント。 »

2018年12月 6日 (木)

チューブタイプのおやつはお皿に移しましょう。

 最近、犬猫用のチューブタイプのおやつが売り出していますが、封を切って直接犬や猫にぺろぺろなめさせるのは、包装ごと飲み込んでしまう可能性があるのでやめたほうがいいと思います。

 特に犬は食べ物を丸のみする傾向がありますので、要注意です。

 飲み込んでしまった場合、ビニールや紙はレントゲンにはうつりませんので、飲み込んだかどうかもわかりませんし、閉塞が起きた場合も閉塞か所に苦慮することになります。

 面倒でもお皿に移して与えましょう!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34161603

チューブタイプのおやつはお皿に移しましょう。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。