« 小型犬の橈尺骨骨折 | メイン |  外部寄生虫駆除薬は様々なタイプがあります(選べます) »

2018年11月 1日 (木)

フィラリア予防は蚊が出なくなってから1か月後に最後の予防が必要です。

 フィラリア予防は蚊が出現しなくなってから1か月後に最後の投薬が必要です。

 私が大学を卒業した13年前くらいまでは、「九州では11月半ば過ぎまで吸血蚊が出現するので、11月末にシーズン最後のフィラリア予防薬の投薬が必要:というのが常識でした。

 しかし、7-8年くらい前からと思いますが(実際はもっと前かも)

「蚊に刺されてから動物の体内新入した直後のフィラリアの幼虫よりも侵入後1か月後のフィラリア幼虫はフィラリア予防薬で100%駆虫できる」というデータが出てきました。

 よって、九州では

「12月末に最後のフィラリアの予防をする」

ことが大事です。

 涼しくなるとフィラリア予防はおろそかになりがちです。気を付けましょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34150036

フィラリア予防は蚊が出なくなってから1か月後に最後の予防が必要です。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。