« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

小型犬の橈尺骨骨折

 小型犬 1歳2か月。左橈尺骨骨折。遠位側。体重約2㎏。

Tousyakotukogata

 キャスト下巻き材を「stirrup」式で巻き、腹側に半身の熱可塑性プラスチップスプリント(手製)を市販の両面マジックテープ(ホームセンターなどで購入)で適当に固定。麻酔なしでの処置です。看護師さんに持ってもらえばバリカンかけも麻酔なしで(診察室で)全処置ができます。

 外側は自着性包帯で大雑把に巻く。引っ張らないように巻く。

Tousyakotukogata2

これは受傷後2ヵ月くらいですが、キャストは実質4週間で取り外し。実際にはキャスト材を付けたうえで2週間後には着地して歩けていたそう。

(レントゲンの角度が違っとるじゃないか!というご指摘もあろうかと思いますが、小柄で痩せている子なので保定も気を遣うのです・・・。何回も撮り直ししたくない・・・)

 成長板がすでにないので骨格的な成長は止まっているわけですが、きちんと外固定で骨折が治癒しています。

 ケージレストはしていません。元気なので実質無理。平面を動いてもらう分にはいい運動になると思います。入院はさせません。犬も嫌でしょうし。

 「stirrup」式のキャスト下巻き材固定はとても適度な固定力があり、きつくなく緩くなく、1週間は下巻き材が外れない、「こんな簡単な方法で!」という固定法です。実質これだけでも変位の少ない前腕、下腿骨折は治るんじゃないかと思うのですが、骨折部位がどこかにぶつかると痛いと思うので熱可塑性のプラスチックスプリント(ぐるぐる巻きのギプスじゃありません。半身の簡単に取り外しできるものです)は3週間くらいは当てておいたほうがいいかなと思います。

 成長期の動物は、仮骨がもりもり増生してくるのでそれこそ「緩やかな」外固定で前腕、下腿の骨折は3-4週間で治りますが、成犬も仮骨の増生は幼犬に比べ少ないですが、治るようです。

 例数は少ないので、徐々に症例が増えていけばと思っていますが、2キロ未満の小型犬の骨折は治るまで、獣医師もドキドキです。ただ、この外固定のやり方は、少なくとも生体側の治癒過程は妨害してないので治らないことはないと思うのですが…。

Cast

 熱可塑性プラスチックシートによるキャスト。厳密に足の形に合わせなくても大体の形を作ればいいと思います。30分くらいでできます。端っこを犬が咬み始める3週間くらいで用済みです。

便を見ましょう。

 動物を新しく迎え入れたときは、まず食欲と排便排尿をよく見ましょう。

食欲があるのは生き物としてよいことですので一安心です。

 更に便の状態をよく確認しましょう。幼齢の犬や猫は離乳食を食べていても基本、固い便をします。便が柔らかい時、下痢をしているときは何らかの疾患を疑います。

 犬の良便は(素手で触ってはいけませんが)ややしっとりとしているが、触っても適度な硬さがあります。ネコの便は極端な話、素手で触っても形が全く崩れないくらい固いのが普通です。

 動物を迎え入れてから、1週間様子を観察して、便がずっと緩い、食欲がない、というときは早急に治療しましょう。

 人間もそうですが、基本便が緩いというのは異常です。

動物の世話というのは突き詰めると、糞尿の世話です。糞便は健康のバロメーターです。よく観察しましょう。

2018年10月28日 (日)

犬を飼うのもむつかしくありません。

 以前、「猫を飼うのはむつかしくありません」という記事を書きましたが

犬を飼うのもそれほど難しくありません。

 基本は

①一日2回、良質のフードを必要量与える。

②水も水道水でよいので十分に与える。

③散歩に一日2回行く。

④フィラリア、ノミ、マダニ予防を毎月行う(九州だと4月末から12月末まで)

 原則、これだけです。

法律上の義務である、役所への登録や狂犬病ワクチン接種もありますが

生き物として飼育する上での義務は以上4つで十分と思います。

 「お手とか覚えさせたほうがいいのか?」

と思っている方もいるかと思いますが、別に教える必要はないと思います。

 ただし、しつけの一環だと思いますが、必ず「首輪」をつけて「リード」でお散歩をさせることを心がけて下さい。

 ノーリードは論外です。犬が他人や他の犬に危害を加える場合もありますし、交通事故にあう可能性もあります。

 ネコに比べると、「しつけ」をある程度する必要がある、散歩に行く必要があることを考えると、犬の方が猫より若干飼うハードルは上がると思いますが、生き物を飼う基本は

①十分な栄養

②衛生的な環境(要は糞尿の掃除)

③適度な運動

です。

 人間と一緒ですね。

 あまり難しく考えずにシンプルに行きましょう。

最近は各種予防薬もオールインワンタイプが多くなり、あまり悩まなくてよいです。

 わからないことは来院されてお尋ねください。

2018年10月25日 (木)

湿潤療法

 湿潤療法は人の医療ではかなり広まってきている印象があります。

動物でも有効な治療法で、わずかな切り傷などはワセリンを塗布しておけば

治癒していきます。トリミングなどでバリカンでわずかに切創ができてしまったケースが、時々持ち込まれますがワセリンを小瓶でお分けして大体治療終了です。

 広範囲な皮膚欠損などでも湿潤療法は有効です。

湿潤療法に有効な創傷被覆材もあり、管理が便利だったりもしますが動物の場合は食べてしまう場合もあるので、ワセリンを適量塗るかワセリンとラップで対応していただく場合もあります(ラップを食べさせないような管理は必要ですが)。

 広範囲な皮膚欠損の場合、皮膚にメッシュ状の切込みを入れて何とか皮膚を広げて創をふさぐやり方もありますが、メッシュ状の切込みを入れた場所がうろこ状に治るので美観的にあまりお勧めできません。動物は毛があるから関係ないという考えもありますが、手術をしなくても湿潤療法で創が上皮化するのなら、動物にとっても楽なのではないかと思います。

2018年10月19日 (金)

10月20日(土)は17時までの診察です。

 10月20月(土)は会議出席のため、17時までの診察になります。

お迷惑をおかけしますが、ご了解願います。

2018年10月18日 (木)

動物用のかつお節や煮干しは必要ありません。

 動物用のかつお節や煮干しが普通に売られていますが、マグネシウム過多で

尿石を作ることがあるので、与えないでください。

 捨てるのはもったいないので品質的にはひと用と変わらないはずなので、お出汁でも取って人が食べてしまっていただきたいと思います。

(人が食べられないようなものは売ってないと思うので)

2018年10月16日 (火)

耳血腫

 耳血腫というのは、犬や猫の耳に何らかの理由で刺激が加わり、内出血が起きた状態です。

 その間接的な原因として、外耳炎、ノミ、ミミダニなどの外部寄生虫による掻痒などが

ありますので、それを解決しないと繰り返しなります。

 しかし、外耳炎や外部寄生虫などがいなくても発生する場合があります。

 耳介には軟骨があるのですが、耳血腫になると軟骨を分解する成分が大量に放出されるようで、放っておくといわゆる「カリフラワー・イアー」という、耳がつぶれた状態になってしまいます。

 単に血を抜くだけでは再度溜まり、炎症を収束できないケースがほとんどです。

 関節炎と病態が似ていることから、血を抜いた後に抗炎症剤を適量注入することで、耳介の拘縮を大体防げます。1回の治療で終わることが多いですが、再度液がたまったときは再度同じ処置をすれば大体収束します。

 当然ですが、極力無菌的な操作を行うことが大事というのは言うまでもありません。

2018年10月13日 (土)

10月14日(日)は終日休診です。

10月14日(日)は学会出席のため終日休診です。

(緊急時は留守電にメッセージを入れてくだされば

対応できるケースもあります)

2018年10月12日 (金)

フィラリア予防は12月末まで必要です。

 最近、朝晩が涼しくなってきましたね。日中は日差しがあるとそこそこ暑いので動物に対する温度借りがむつかしい時期でもあります。

 また、涼しくなってきたらおろそかになりがちなのが「フィラリア予防」です。

 もう、涼しいので蚊はいないんじゃないかな、と自己判断して投薬をやめる方がいますが、吸血蚊は11月末まで九州では出現します。そこから一か月後に最後のお薬を飲む必要があるので12月末まで投薬が必要なのです。

 当院のフィラリア予防薬はノミやマダニの予防効果も備えたものです。ノミ・マダニは通年野外には存在していたりするので、そういう意味でも12月末までの投薬を忘れずにおねがいします。

 

2018年10月10日 (水)

ドライフードは子袋をこまめに買いましょう。

 「うちの子はフードを食べないんです!」

という飼い主さんがいます。

 ドライフードであっても開封後3週間以上たつと風味が劣化して動物が

食べなくなったりします。

 大袋をキロ当たりの単価が安いからと言って買うと、結局無駄にしてしまいます。大型犬ならいざ知らず、8㎏の大袋を中小型犬に買うようなことは避けましょう。

 また、猫は置きエサにしますが朝入れておいたフードが残っていても、それは捨てて新しいフードを入れるようにしてください(もちろん、お皿は洗って)。朝のフードの残り物は食べずに、同じ袋から出した新しい方を食べてくれます。半日も外に置いておくと風味が劣化するのでしょう。

「子袋をこまめに買う」ことがフードを継続して食べてもらうコツです。