« 「猫はうち!」でお願いします。 | メイン | 先ほどの迷い犬は飼い主さんのもとに帰りました。 »

2018年6月18日 (月)

猫の骨折(約1年半後)

 約1年半前に大腿骨を複雑骨折した猫ちゃんの経過です。

機会があってレントゲンを撮らせていただきました。

http://kogaanimalclinic.blog.bbiq.jp/su/2017/01/post-b051.html

(この猫ちゃんです)

 骨折が治癒した後の経過というのは獣医師としては関心があるのですが、なかなか飼い主さんに「レントゲン撮らせてください」と頼みづらいものですが、今回ご厚意で取らせていただきました。

骨折直後がこちら。

Daitaileftago

Daitaileftago2

 左大腿骨の複雑骨折です。屋内での事故です。

 受傷後も爬行しながらも歩けていて排便排尿もできたので、寄せ木細工のように整形外科的な処置をしなくても「筋肉が無事なら」治るんじゃないの?と考え、「温存」(要は何もしない)を選択しました。

 そして、受傷後1年半後の現在が以下の状態です。

Daitaileft_2

Daitaileft2

 右大腿骨に比べて約10%ほど短くなっていますがトータルとしてまっすぐになっており、歩行も問題ありません。

 というか受傷後も2週間くらいでキャットタワーに登っていたそうです。

外科的な処置は行わず、経過の観察をしていただけなので実質私は

「何もしていない」のですが・・・。

生き物の体の機能に深い感動を感じますね。

良い経験でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34131160

猫の骨折(約1年半後)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。