« 小型犬の骨折は治りにくい? | メイン | フィラリアの検査は早めにしておくと便利かもしれません。 »

2018年3月 7日 (水)

若齢の小型犬の橈尺骨骨折

 犬の橈尺骨骨折のツートップのどちらかです。生後約4ヵ月。体重は2㌔にも満たない体格。通称「茶碗ちゃん」と呼ばれるタイプで、それで犬種はお察しください。

Zensi1

 レントゲン撮影の条件にもよるかと思うのですが、骨が薄いです。聞けばショップから「一日2回の食事でよい」と言われていたとか。骨の幅は4㎜くらいでしょうか。

 すぐに「食欲があるなら1日3-4食食べていいですよ」とお願いしました。

で、3週間後

Zensi2

 しっかり治ってますね。10日くらいで患肢で同居犬をポカポカ殴っていたという。

 3週間で治療終了。

レントゲン像でも骨がしっかり濃く写り、骨もぶっとくなっています。撮影条件はほぼ一緒です。

これだけ太く治れば再骨折しようがないですね。

 簡単な装具で治るので、犬は手術しなくていいので痛い思いをしなくてよい。

費用的にもお優しい。30分-1時間位で無麻酔で出来上がります。

 しかも早く治る。

「早い、安い、優しい」治療ですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34110525

若齢の小型犬の橈尺骨骨折を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。