« フィラリアの検査は早めにしておくと便利かもしれません。 | メイン | 成犬の橈尺骨遠位端骨折 »

2018年3月 8日 (木)

当院のフィラリア予防薬について

 当院では開院当初からフィラリアだけでなく、ノミまで予防できるオールインワンタイプのフィラリア予防薬をお勧めしてきました。

 フィラリアだけでなく、ノミやマダニの害も無視できないものだからです。近年、

SFTSウィルスによる重症熱性血小板減少症が問題になっています。これは当初はマダニによる人の感染症という認識でしたが、2017年に犬と猫で相次いで日本で感染発症が確認されました。

 開院当初から、飼い主さんの投薬の負担軽減を考えてオールインワンタイプを選択してきた経緯があります。

『当院のフィラリア予防薬』

1.塗り薬タイプ

 ①レボリューション:開院当初から導入していた薬。1剤でフィラリアだけでなく、ノミ、ミミダニ、効能外ですが疥癬ダニにも有効。フィラリア感染犬でも比較的安全に用いることができる。薬の信頼性もあり、個人的にファンの薬です。

 ②アドボケート:2年程前から発売。フィラリアとノミ、効能外ですが疥癬ダニやミミダニ、ニキビダニにも有効。海外では以前から発売しており、ニキビダニ治療薬としても唯一認可されていたので、使用したかったが日本のメーカーに質問しても発売未定のままだった。忘れたころに発売。遅いよ!早めに出ていれば塗り薬タイプのフィラリア予防薬の主力になったのに。レボリューションより若干安価です。

2.内服タイプ

ネクスガードスペクトラ:牛肉風味のチュアブルタイプでフィラリアと一部内部寄生虫、ノミ・マダニまで予防できる。九州にはマダニは普通にいるので現在はこちらが中心になりつつあります。チュアブルタイプで単体で与えることができるので食欲がある子なら問題なく投薬できる。気が荒くて塗り薬タイプが無理な犬や、シャンプーをよくする犬におすすめ。

(2018.4.1追記:ノミ・マダニを駆除できる成分がニキビダニやミミダニ、疥癬ダニにも効果があるという情報があります)

パノラミス:ネクスガードスペクトラより数年早く発売。フィラリアだけでなくノミ・マダニまで予防ができる内服のオールインワンのはしり。

 便利だが錠剤タイプで必ず少量のフードと一緒に与える必要があり、実際には缶詰などと与える方が多い。ネクスガードスペクトラよりも若干安価だが、与える際の缶詰の値段を考えると単体で与えることができるネクスガードスペクトラのメリットがあり、若干利用者は減少傾向。まれですが1時間以内に嘔吐した場合は再投与が必要。錠剤が若干薬くさいので飼い主さんが敬遠する傾向がある。

 基本はこの上記4剤で対応しています。

ノミやマダニは軽視しがちですが、フィラリアと合わせて予防しておいた方が良いですよ。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34110619

当院のフィラリア予防薬についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。