« 12月末までフィラリア予防は必要です。 | メイン | 動物医薬品と動物医薬部外品 »

2017年11月30日 (木)

動物取扱業

 昨日は休診日でしたが、動物取扱業の資格講習に大野城市まで行ってまいりました。

大野城市には初めて行ったのですが、博多からほど近く、閑静な住宅街でした。

 「大野城市まどかぴあ」という立派な設備で講習を受けたのですが、今話題の「重症熱性血小板減少症」について最新の情報が講演されました。

 また大先輩の先生が、災害時の動物取扱業の心構え等について講演されていました。

 当院では、当院の患者さんに限ってのみ「ホテル」「トリミング」を行っておりますので「管理」で資格を取っております。

 患者さんに限るのは、基本動物病院なので診察・治療がメインの業務なので患者さん以外を受け入れると通常業務に支障が出るからです。

 ホテルもお盆や年末に本当に数頭預かるのみです。ですので大体、犬と猫の入院室はホテルの子専用になります。その分衛生面では抜かりはありません。

 動物を取り扱ううえで、基本となるのは衛生さを保つことです。施設で病気を感染など絶対にさせてはなりません。動物病院ならなおさらです。

 当然ですが、治療に使う器具は衛生的に取り扱い、手術などは徹底した無菌操作を行います。

「無菌操作」というのは、手術に使用する道具はすべて滅菌されたものを用いるということです。

 当院では、術衣も帽子も、メスもすべてディスポーザブルです。手術衣は布製もあるのですが、いちいち洗って再度滅菌をかけるのがめんどくさいので。大学の時は布製のオペガウンをたたんで

キャストという滅菌の箱に入れて滅菌消毒していましたが、もうたたみ方は忘れましたね・・。

 今は便利な道具がどんどん出てきているので、それで治療が簡単にできるのならそれでいいと思います。

 話が脇に反れましたが、動物取扱業というのは動物の健康を損なわないような取り扱いをするのが大事ということです。それと当然ですが「法律は守る」ということですね。

 常に初心を忘れずにいたいと思います。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34095539

動物取扱業を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。