« 5月14日(日)は終日休診です。 | メイン | 犬にかまれないために。 »

2017年5月13日 (土)

本当は怖いノミ

Fleaworm

 これはノミの幼虫です。ある猫が来院されたときに診察台の上のペットシーツに長さ3ミリくらいの幼虫のようなものが落ち、顕微鏡で確認してみたら蚤の幼虫でした。

 獣医師ですが、ノミの幼虫の実物は初めて見ました。ノミの成虫はさんざん見ていますが、幼虫が動いているのは初めてです。動物病院は基本、衛生的な環境を保っているのでノミが繁殖することはないもので、今まで教科書でしか見たことがありませんでした。

 ノミは血を吸われた痒い、というくらいではなく様々な病気を媒介します。また蚤の唾液中のたんぱく質によるノミアレルギーを発症させることもあります。ノミアレルギーで重篤なものは皮膚炎だけでなく、消化器症状も起こすことがあります。

 犬・猫は必ずノミ予防は行う、猫はノミ予防をしたうえで屋内で飼いましょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34060454

本当は怖いノミを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。