« 2017年4月 | メイン

2017年5月

2017年5月26日 (金)

犬にかまれないために。

 最近は野良犬などは非常に少なくなってほぼ見かけたことはありません。

ただ、たまに明らかに飼い犬が脱走したんだろうな、という犬は見かけます。年に1-2回あるかどうかですが。

 そういう犬には安易に近寄らないでください。良かれと思って保護しようとしたら、犬がびっくりして噛みつくことがあります。保護がむつかしい時は最寄りの環境保健事務所に連絡しましょう。

 そういう訳で野良犬に追っかけられることはほぼ最近はないと思いますが、やはり人が犬にかまれる事故は起きます。その多くは自分で飼っている犬にかまれた、知人の犬にかまれた、という場合がほとんどだと思います。

 犬はいきなりかみつくということはしません。その前に大体、シグナルを出しています。要は「俺に近づくなよ。できればことは構えたくないんだ」という信号ですね。

「近づくな」シグナルとして特徴的なものは

・耳を伏せる。

・鼻面にしわを寄せる。

・牙をむく。

などはわかりやすいでしょう。こういう犬に安易に触ろうとする人は危機意識が足りないと思います。

さらに、

・体が震える。

・尻尾を後ろ足の間に入れる。

・目をそらす。

などもそうです。一見怖そうに見えませんがおびえているので、そういう犬に安易に触ったら噛みつかれるかもしれません。

 いきなり触ったりすると咬まれることもあります。高齢犬で耳が遠い犬などはいきなり後ろから触るとびっくりしてがぶりと来ます。まず正面に回って自分の存在を気づかせてください。また目が見えない高齢犬もいきなり触ろうとするとびっくりするので声をかけるなどしてから触れたほうが良いでしょう。

 要は「安易に近づくな、触れるな」ということにつきます。犬が尻尾を振って依ってきたときに体をなでてあげるくらいでいいでしょう。

 人間だって嫌いな人、知らない人から体撫でまわされたら怒りますよね?犬も同じです。

2017年5月13日 (土)

本当は怖いノミ

Fleaworm

 これはノミの幼虫です。ある猫が来院されたときに診察台の上のペットシーツに長さ3ミリくらいの幼虫のようなものが落ち、顕微鏡で確認してみたら蚤の幼虫でした。

 獣医師ですが、ノミの幼虫の実物は初めて見ました。ノミの成虫はさんざん見ていますが、幼虫が動いているのは初めてです。動物病院は基本、衛生的な環境を保っているのでノミが繁殖することはないもので、今まで教科書でしか見たことがありませんでした。

 ノミは血を吸われた痒い、というくらいではなく様々な病気を媒介します。また蚤の唾液中のたんぱく質によるノミアレルギーを発症させることもあります。ノミアレルギーで重篤なものは皮膚炎だけでなく、消化器症状も起こすことがあります。

 犬・猫は必ずノミ予防は行う、猫はノミ予防をしたうえで屋内で飼いましょう。

5月14日(日)は終日休診です。

 5月14日()は獣医師会の会合に出席のため、終日休診となります。

午後7時には病院に戻っていると思いますが、診察ご希望の方は留守電にメッセージなどを吹き込んでもらえれば対応できる場合もあります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2017年5月 8日 (月)

エアコンを入れましょう。

 4月末からGWにかけて夏日が続きました。

「なんとなく元気がない」というワンちゃん、猫ちゃんがGW中に複数頭来院されましたが、院内では結構元気。お話を聞いていると一様に「エアコンはまだ入れてない」というケースでした。軽い熱中症の疑いがありました。

 エアコンで冷房を入れるだけで熱中症は防げます。

今の時期から冷房を入れるようにしましょう。

2017年5月 6日 (土)

5月7日(日)は午前中休診です。

5月7日(日)は獣医師会の会合に出席するため、午前中休診となります。

午後は4時から診察いたします。

よろしくお願いします。

2017年5月 1日 (月)

GW:5/3-5/6は平常通り診察しております。

ゴールデン・ウィークの

5/3(水)-5/6(土)は平常通り、10時から診察しております。

5/3(水)はお預かりの子が来るので、病院にいるので開けておこうかということになり、通常休みのところ診察となりました。

5/7(日)は獣医師会の会議があるので午前休診ですが、午後4時から診察します。

よろしくお願いします。