« 3月26日(日)は講習会参加のため終日休診です。 | メイン | フィラリア検査は3月末から可能です。 »

2017年3月25日 (土)

陰睾

 陰睾というのは本来、陰嚢という袋に収まるべき睾丸が違うところにとどまってしまう状態です。年齢を経ると癌化することもあるのでなるべく早く去勢手術を受けたほうがいいものです。

 

Inkougan

 下が正常な睾丸で上が陰睾だった睾丸です。本来あるべきでないところにあるので発育が正常な睾丸よりも小さいのがわかります。しかし癌化すると巨大になり、睾丸でありながら女性ホルモンを生み出し骨髄抑制などを引き起こします。

 本来あるべきでない場所にあるので、探すのに苦労します。腹腔内にある場合は特に気を使いますが、必ず存在しているのであきらめないで探すことが大事です。

 本来なら陰睾が出てしまった系統の犬は繁殖に使うべきではないのですが、そのあたりは繁殖する側のモラルにかかっているのが現状です。

Inkou2

追記:これは別の犬の陰睾です。上が正常な精巣。下が陰睾だった精巣です。直径1㎝にも満たない精巣が膜に覆われさらに鼠蹊部の脂肪組織に包まれていますので探すのに一苦労です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34050515

陰睾を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。