« 狂犬病ワクチンを打ちましょう。 | メイン | 地域猫について »

2017年1月24日 (火)

ワクチンは早めに打ちましょう。

 最近はペットホテルやペットと一緒に泊まれるホテルなどでは事前にワクチン接種をしておくことが求められることが多くなっています。衛生的にもよいことだと思います。 

 そんなわけでペットホテルなどに動物を預ける予定の方がワクチンを打ちに来られることがありますが、預ける予定が打ってから数日後ということが良くあります。

 残念ながらそれでは免疫は上がってないので無駄ではないですが(いずれ免疫は上がるので)、ペットホテルにとっても動物とってもあまり意味がない打ち方になります。

 ワクチンを打ってから免疫が誘導されるのは2-3週間かかるので、余裕を見て1か月前には打っておいた方がいいでしょう。

 またワクチンだけでは不十分で、ノミなどの外部寄生虫をもらう可能性もありますのでその予防も併せてしておいた方がいいです(未予防の動物なら他の動物に感染させる可能性もあるわけです)。

 当院では患者さんの動物のみお預かりやトリミング(トリミングは原則犬のみ)を行っていますが、それは各種予防歴を把握しているからです。定期的な予防をしておけば急なお預けなどでも慌てなくていいので安心かとおもいます。

 「ワクチン打っても免疫はすぐに上がらない」と覚えておいてください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/34031713

ワクチンは早めに打ちましょう。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。