« おやつは必要ありません。 | メイン | 子犬には餌を十分与えましょう。 »

2016年11月 5日 (土)

屋内での動物の事故。

 最近は、屋内で犬や猫を飼ってくださるご家庭が増えて、交通事故や感染症にかかる動物が減っているのは喜ばしいことです。

 その一方で、屋内でけがや異物摂取をしてしまうケースは依然あります。

・ゴミ箱は蓋つきにして、荒らされないようにする。

・生ごみなどは放置しない。食べ物もテーブルの上などに放置しない。

・階段から落ちて骨折という例もあるので、できれば動物がいる階は固定する。

些細なことに注意するだけで重篤な事故は防げます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/634921/33998098

屋内での動物の事故。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。