« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月23日 (土)

動物を叩かないでください。

 犬をしつけるときに叩く人がいますが、逆効果ですのでやめてください。

力の強い男性などには表向き屈服しますが、女性や子供、老人など力の弱い人には牙をむく犬になります。当たり前ですね。

 猫はそもそも、トイレを覚えてくれたら十分です。のんびり生活させてあげましょう。芸など仕込まないでください。無意味です。

 そもそも、子供をしつけるときにも今は体罰は望ましくないといわれている時代に、動物を叩いてしつけようというのが時代遅れです。

 「動物は人の言葉がわからないのだから、叩いてしつけるしかないではないか」という人は、最終的にその動物があなたではなく、第三者を襲うことになります。もしくはあなた自身が逆襲されるかもしれません。でも、それは動物の牙や爪のせいではなく、あなたが動物に対してふるった暴力が返ってきているのです。

 言葉がわからない動物だからこそ、忍耐強くコミュニケーションをとる必要があります。それは思ったよりも大変ではありません。

2015年5月21日 (木)

動物はきちんと管理して飼いましょう②

最近、犬が人を傷つけたというニュースが報道されています。

一見は札幌市で大型犬が小型犬を散歩中の女性を襲い、小型犬2匹が死傷(なくなった一頭は現場を逃げ出して交通事故でなくなったそうですが、これも被害と言っていいでしょう)。

飼い主の女性も軽傷を負ったそうです。

非常識だと思うのは、大型犬を連れていた男性は現場を立ち去ってしまったということです。

 以後の報道がないので大型犬の飼い主が見つかったとの情報はないのですが、車で人を傷つけたら、もっと迅速な動きがあると思いますが、動物に対してはやや優しい?対応が多いようで、この辺は獣医師として疑問に感じます。

 東京では複数頭の犬を放し飼いにして、その犬が人を傷つけたということでその飼い主は検挙されていましたが、何回も注意されていたのに飼育状況が改善されなかった末のことです。

 車や刃物で人を傷つけたら傷害罪ですが、飼い犬が人を噛んでもなんとなくなあなあになっているのは、まだまだ動物に対する意識の低さを感じさせます。

 以前、米どころに実家のある方が「米泥棒がいるので、番犬に大型犬を飼っているが、しばしば人を噛んで困っている」と特に困った様子もなく笑顔で話していたのであきれたことがあります。当然犬が噛んでいるのは近隣の人で、米泥棒ではありません。

 繰り返しますが、犬はその飼い主の所有物です。車で人を轢いたとき「轢かれたほうが悪い」という人は(自己弁護で言う人はいるでしょうが)いないと思います。

 しかし、上記のように自分の犬が人を噛んでも平然と立ち去る人がいます。車を運転する時は訓練を受けて免許を取得し、かつ違反した時は罰則があります。

 現在、動物愛護法で飼い主の義務は規定されていますが、よほどのことがない限り動物愛護法違反で叱られることはないように思います。

 だからなあなあでいいというのではなく、きちんとしつけをして飼うようにして人を傷つけたりしないような飼い方をする必要があると思います。

2015年5月19日 (火)

5/19(火)は午前中休診です。

5/19(火)はみやこ町で狂犬病集合注射に参加しますのえ午前中休診です。

午後は4時から診察いたします。

通常は火曜日は午前中のみの診察になるのですが、午前中を休診にしますので代わりに午後、病院を開けておきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

フードのみなどの対応はスタッフがおりますので午前中でも対応できます。

2015年5月16日 (土)

5/17(日)は終日休診です。

5/17(日)は獣医師会の会合に出席するため、終日休診となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご了解願います。

朝9:00くらいと夜20:00くらいには病院に戻ってきます。

何か御用の方は留守電にメッセージをいれていただければ対応できる場合もあります。

2015年5月14日 (木)

動物の管理は徹底しましょう。

 犬を飼うときはきちんと係留するか、屋内で飼うようにしましょう。

敷地内でも自由に移動させることは、短時間ならともかく、脱走の危険もありお勧めできません。

 また散歩中はリードを短めに持って他の人や犬に迷惑をかけないようにしましょう。

伸びるリードはコントロールがいざというときの対応が出来ないのでお勧めできません。

社会のルールを守って動物を飼いましょう。

2015年5月 9日 (土)

犬はお散歩に行きましょう。猫は家の中で飼いましょう。

 犬は出来れば一日二回、せめて一回はリードをつけてお散歩に行きましょう。運動になりますし、何よりも犬はお散歩が大好きです。つなぎっぱなし、家の中に閉じ込めっぱなしはかわいそうです。

 猫は逆におうちの中で飼ってあげて下さい。なぜか猫は外に(自由に)出してしまう方がまだまだ多いのですが、各種伝染病や寄生虫疾患をもらってしまうことがあります。

 猫は屋内でも運動不足にはなりませんので、空調を効かせてのんびりさせてあげてください。

海外では、猫をリードをつけてお散歩させたりしているらしいですが、元々捕食者である猫が

衆目の中お散歩させられるのはストレスな気がします。無理はしないでください。

2015年5月 2日 (土)

フードの消費期限に注意してください。

 フード、特にドライフードは一見乾燥していて品質が劣化しにくいように見えますが、消費期限を厳守してください。食べ物ですので。

 また消費期限内だったとしても開封したら3週間で食べきるようにしましょう。開封後も何ヶ月も品質が保たれるわけではありません。3週間を過ぎたら残っていても新しいものに変えましょう。

 また、袋を密閉してさらに密閉容器に保管して、気温の安定した冷暗所に保管してください。

 急に動物がフードを食べなくなったら、体調を気にすることも大事ですがフードの品質にも気をつけてください。動物だって新鮮な食べ物が好きです。

 

連休中は平常どおり診察いたします。

記載が遅れましたが、連休中も平常どおり診察いたします。

5/6(水)は休診です。5/2-5/5も平常どおりです。

よろしくお願いいたします。