行方不明犬です。

Cci20160207_00001

行方不明犬です。見かけた方、保護した方は当院までご連絡ください。

2/2 TRIAL 北九州空港バイパス店で行方不明になったそうです。

ミニチュアダックスフンド 黒 ロングヘア

メスで5歳です。

失踪当日はピンクと白の胴輪、水色のレインコートを着ていたそうです。

続きを読む »

2017年11月10日 (金)

11月11日は午後休診です。

11月11日(土)は獣医師会の会合に出席するため、午後休診となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

2017年10月27日 (金)

ジアルジア症

 最近、子犬や子猫などで家に来たばかりなのに下痢をしている子が散発しています。

子犬、子猫が下痢を起こす原因はいくつもありますが、その中でもジアルジア症が連続してラインされました。

 ジアルジア症は人獣共通感染症です。水様便が特徴です。顕微鏡で新鮮便を調べると便中をひらひら舞うジアルジアの虫体が確認できます。1匹でも確認できればジアルジア症と診断してかまわないのですが、便が乾燥などするとすぐにいなくなるというか、見つけられなくなるので肛門から直接採便して探すこともあります。

 ここ最近は小動物と子犬、子猫で顕微鏡で新鮮便を低倍率で見ただけで、ジアルジアが画面いっぱいに乱舞している症例が相次ぎ、診断が容易だったのは助かったのですが、それだけ重感染しているわけで、小動物や子犬、子猫では下痢による体力低下が予断を許さず緊張する症例でした。

 幸い、ある種の抗生剤が効果がありますので(苦いので飲ませにくいですが)比較的治りやすい病気ではあります。

 熱には弱いのですが、塩素に比較的耐性があるようなので環境中を熱湯消毒と塩素剤での消毒をすれば再感染は防げると思います。

感染を避けるには不特定多数の動物がいるエリアには近寄らないということです。

2017年10月19日 (木)

10月21日(土)は終日休診です。

 10月21日(土)は博多で野良猫の殺処分を減らす目的の啓発イベントに参加するため

終日休診です。夕方には戻ってきていると思いますが病院に戻れる時間が不確かなので終日休診とします。

 ご迷惑をおかけしますがご了解願います。

2017年10月 8日 (日)

10月9日(月)体育の日は平常通り診察しております。

10月9日(月)は祝日ですが平常通り診察しております。

よろしくお願いします。

2017年9月25日 (月)

犬や猫は専用のフードで十分栄養は取れます。

 犬や猫はドッグフード、キャットフードと水だけで、原則栄養は取れます。

犬や猫用のおやつなどは必要ありません。

ただし、与え方は以下を守ってください。

①毎回新鮮なフードを与える。

②ドライフードであっても密閉容器に保管し、高温になる場所には放置しない。

2週間くらいで食べきる量を買う。

③犬は10-15分以内に食べさせるようにする。置きエサにはしない(腐敗する恐れがあります)。

④猫は何回かに分けて食事をするので、置き餌にせざるを得ませんが、朝入れて置いた餌は捨てて、新しい餌を夕方には置くようにしてください。

⑤当然ですが、お皿は毎回中性洗剤で洗い、よくすすいでから使用しましょう。

⑥残っていたフードを保管してあるフードに戻さない!腐敗の原因になります。

常識的な与え方をしていれば、健康被害は出ません。

2017年9月21日 (木)

野良猫を捕獲することのむつかしさ

 当院では福岡県獣医師会が進めている「あすなろ猫」事業に参加しております。

 最近、「あすなろ猫」についてのお問い合わせが徐々に増えており、考えが浸透してきたのかな、と思います。

 ただ、実際に野良猫を連れてきて手術を受けることができるようになるのは非常に数が少ないです。

 理由として「エサは与えているし一見なついているようだけど、世話している人が捕獲できない」ことがあげられます。

 厳しい野良の世界で生きているネコなので、一見人を信用しているようで、いざ捕獲しようとしたら激しく抵抗して手術当日連れてこれない、ということがままあります。

 このことから「安易な餌やり」によって増えた野良猫の繁殖の抑制がいかにむつかしいかお分かりになると思います。。

餌は食べるけど、捕獲できないのなら、延々野良猫は増え続けます。

 いっそ、「絶対に家の中で一生飼ってあげるのだ」という方は、野良猫を段々と手なづけていき、ノミなどの駆除もできて家猫として生活させ、家猫として避妊去勢手術を受けに病院に来ます。

 その覚悟がなければ、かわいそうなようですが野良猫には一切餌をあげないほうが良いです。

2017年9月15日 (金)

9月17日(日)は平常通り開院しておりますが、台風が来るようですので開院時間が流動的です。

 9月17日(日)は平常通り開院しますが、台風が来るようなので開院時間とは流動的です。

原則は平常通り開院しますが。

 一部の方には午後休診とお伝えしていましたが、台風のために午後の用事は中止となりましたので午後も開院しております。

 よろしくお願いします。

2017年9月11日 (月)

野生動物には安易に触れないでください。

これはある保護された野鳥(水禽)の便から検出されたものです。

Funsentyu

 中央の丸いものですが複数あったので何かの卵であろうと思っていたのですが初見ではちょっとよくわかりませんでした。2回目に採便して観察していた時に糞線虫の虫体を確認できたので

糞線虫の「含幼虫卵」であろうと推察しました。

 鳥の糞線虫と人や犬猫に感染する糞線虫は種類が別ということですが、この写真の糞線虫がどっちかというのは大きな問題ではありません。それだけ野生動物は寄生虫などに汚染されてるということです。

 この鳥の便からはジアルジア、マンソン裂頭条虫卵も確認されています。

野鳥が傷ついていたからといって安易に素手で触らないようにした方がいいでしょう。

無論、保護される公共機関の方々もディスポの手袋を用いたほうがいいのは言うまでもありません。

2017年9月 9日 (土)

あすなろ猫について

福岡県獣医師会が実施している「あすなろ猫」事業の紹介です。

http://fukuoka-neko.com/asunaro.html

 あすなろ猫とは
「獣医師会では「まだ地域猫の条件は満たさないが、一定の地域に住み着いてえさを与えられている猫で、将来は飼い猫になることができるよう、不妊去勢手術を施されマーキングされた猫」を「あすなろ猫」と定義します」

 当院もあすなろ猫事業に協力しております。上記の猫に該当していて「これ以上猫が増えるのは困る」と思っている方はご相談ください。

 ただし、いきなり猫を連れてこられても当日手術は出来ませんので、一度世話をしている方だけいらして打ち合わせをさせてください。

2017年9月 1日 (金)

9月3日(日)は終日休診です。

 9月3日(日)は獣医師会の会合出席のため終日休診となります。

ご迷惑をおかけしますがご了解願います。